<   2010年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

機や(織物業)さんで配管洗浄

同じ町内のOさん宅で配管洗浄。
この付近は(丹後地域全般にそうであるが)、つい最近までは数軒に一軒は機や(織物業)
さんであると思えるほど、何処にいても織機の稼働音がきこえたが、いつのまにかその音も
途絶え、道をあるいていて、たまにその音を耳にするくらいである。
その中で、Oさんは今も続けておられる数少ない一軒である。世界に誇る伝統産業であるだけに
是非つづけていって欲しいものである。
今は、喪服地を織っておられた。

b0159611_1974154.gif


b0159611_1985538.gif


b0159611_1993162.gif


b0159611_1910459.gif


配管洗浄は、過炭酸ナトリウム5kgを投入し手順とおり施工し、13時に終了した。

b0159611_19105611.gif


b0159611_19114129.gif


b0159611_19122191.gif


b0159611_19132585.gif

by hokutomente | 2010-11-12 18:58 | 配管洗浄  

絶好の地・・・・・・

宮津市大垣のM氏邸にて、配管洗浄。
M氏邸は、山側は成相山ケーブルがあり、海側には、天橋立が横たわっている絶好の
地に建っている。

b0159611_202592.gif


b0159611_20265433.gif


b0159611_2029103.gif


10数年前新築の折に、K-2400BS1を設置させて頂いた、それ以来、メンテナンスを
させていただいている。
本日は、過炭酸ナトリウムを5kg投入し、手順とおり進め、終了後浴室浴槽内の高圧洗浄を
行い、12時半に終了した。

b0159611_20302036.gif


b0159611_2031226.gif


b0159611_2031429.gif


b0159611_20322590.gif


b0159611_20331023.gif


b0159611_20404885.gif


b0159611_20333824.gif

by hokutomente | 2010-11-11 20:18 | 配管洗浄  

天橋立駅裏・・・・・

天橋立駅裏 山盛荘さんの配管洗浄。
山盛荘さんとも、20数年のおつきあいであるが、ご老齢のご夫妻で民宿を経営されて
おられたが、本年春ご主人が亡くなられ、今は営業を休んでおられる。
一日も早く再開して頂ければと思ってはいるが・・・・。

b0159611_23395566.gif


b0159611_23403920.gif


一昨年秋に既存浴室を、石張りにリニュウアルさせて頂いたが、本当にきれいに使って
もらっている。

b0159611_23412954.gif


b0159611_2342789.gif


過炭酸ナトリウムを投入し、循環洗浄、濯ぎ、高圧洗浄等手順を踏み、15時終了

b0159611_23425866.gif


b0159611_23434745.gif


b0159611_23442262.gif


b0159611_234527.gif

by hokutomente | 2010-11-10 23:35 | 配管洗浄  

一夜にして・・・・・

昨日に引き続き、美山Tさん宅へ伺う。
k-2400BS2のコントロラーの交換をさせていただいた。実は、配管洗浄のあと、浴室内に
高圧洗浄を行ったとき、気をつけてはいたのだが、オゾンボタンの上のカバーが破れており
そこから水が入ったみたいである。ヒターも利かず、昨日はご迷惑をかけてしまった。
コントローラー交換の後、保温のテープも破れていたので、ラッキングをし直し、帰社した。

b0159611_20545776.gif


b0159611_20552794.gif


途中、大野ダム周辺の紅葉が見事になっていた。昨日通った折には、あまり気になるほどでも
なかったが、一夜で、こんなに変化するものであろうか?。
しばし、見とれていた。

b0159611_2056176.gif


b0159611_20563388.gif


b0159611_2057441.gif


b0159611_20573748.gif


b0159611_2058759.gif

by hokutomente | 2010-11-09 20:50 | 機器管理・ボイラー修理  

山深き美山・・・・・・

南丹市美山のTさん宅にて、配管洗浄。
海に近いこの地と違い、山深い美山は、そろそろ紅葉のきざしがみえている。
昔は、一般道で2時間くらいかかったが、今は京都縦貫道で1時間くらいで行ける
ようになった。10年ひと昔というが、今昔の感がある。

b0159611_22592162.gif


b0159611_22594982.gif


b0159611_2301735.gif


b0159611_2305077.gif


b0159611_2312437.gif


本日は、過炭酸ナトリウムを、5kg投入し1時間循環洗浄し、後、手順通り施工し
14時に完了した。


b0159611_2315647.gif


b0159611_2322174.gif


b0159611_2325253.gif


b0159611_2332447.gif

by hokutomente | 2010-11-08 22:55 | 配管洗浄  

申し分ない結果・・・・・・

網野U旅館にボイラーメカーの方が、2名足を運んで頂き、1週間ほど前からトラブッテいた
陶板浴熱源用のボイラーの、回復作業を行ってもらった。
作業前に点火してみたが、刺激臭のつよい猛烈な白煙を噴き出し傍によれないほどであったが、
煙道の煤除去を丹念にしてもらい、そのあと多めの煤除去剤を燃焼室に投入し、高温で煤を
燃やしてしまう作業をおこなった。
しばらく火のついた煤が、噴き出ていたが、まもなくおさまり正常に燃焼するようになった。
やはり、専門家とは経験の違いか、一時は、新しいボイラーと入れ替える覚悟をしていただけに、本当に助かった思いである。

b0159611_314228.gif


b0159611_3152227.gif


b0159611_316368.gif


b0159611_3163479.gif


海の華さんで、露天陶器風呂に、滝口の配管工事をおこなう。
夏前に、設置工事をおこなったが、種々不具合のところがあり、先日は排水栓の取り付け、
本日は、滝口の取り付けを行ったわけである。
滝口から、浴水を落とすとなると、流入量が少ないので、メイン配管の分岐直後に、バルブを
取り付け、少し絞ることによって、滝口に流れる浴水量を増やす工夫をした。
配管は、藤原機業さんに依頼したが、きれいに仕上げてくれた。
夕方、試運転を行ったが、申し分のない結果であった。

b0159611_31791.gif


b0159611_3174365.gif


b0159611_3181187.gif


b0159611_3184613.gif


b0159611_3192070.gif


b0159611_3194790.gif


b0159611_3201582.gif

by hokutomente | 2010-11-05 22:09 | 機器管理・ボイラー修理  

海水よりもしょっぱい・・・・・・

U旅館のボイラーに、本日も煤燃焼剤を入れ、運転するも状況は改善せず。
5日午後、メーカーの担当社員が来てくれるので任せるより手がないだろう。

b0159611_232616.gif


b0159611_2323992.gif


引き続き、蟹の宿さんで配管洗浄。
10数年まえ、新築された折K2400-BS2を3台設置させて頂き、それ以来の
お付き合いである。
当初、近くのある事業所に湧出している温泉水を運んで使っていたが、ナトリウム分の
含有量が多く、海水よりもしょっぱいかんじであった。またマンガンも含まれているのか
ろ材の麦飯石も、真っ黒く変色してしまった。
過酸化水素と過炭酸ナトリウムを投入し、手順どおり進み16時に完了した。

b0159611_2334417.gif


b0159611_234199.gif


b0159611_235013.gif


b0159611_2352940.gif


b0159611_235578.gif


b0159611_2363169.gif


b0159611_237322.gif


b0159611_2373442.gif


b0159611_238723.gif


b0159611_2383590.gif


b0159611_23911100.gif


b0159611_2394750.gif


b0159611_2405687.gif

by hokutomente | 2010-11-03 22:27 | 配管洗浄  

成功してほっと・・・・・

海の花さんで、露天陶器風呂の底に排水栓の取り付け工事を行った。
露天風呂リニュウアル完成時から、陶器風呂排水は、浴水吹き出し口と共通で
使用できるように配管していたが、排水に時間がかかるのと、清掃がしにくいとの事で
本日、男女陶器風呂に施工させていただいた。

b0159611_23261046.gif


b0159611_2327078.gif


b0159611_23275340.gif


b0159611_23285088.gif


b0159611_2329447.gif


b0159611_23302264.gif




b0159611_2332640.gif


b0159611_23324758.gif



排水栓の内径は50φあり、実質60φの穴を開けなければ排水金具は取り付け出来ず、
日ごろの工事で使うのは、50φのコアーがほとんどなのでそれは持っていたが、60φの
コアーは、この工事のために購入した。この手の工事が度々あるとは思えないが、他の配管
工事で、60φのコアも生かされていくのであれば嬉しいことである。
いずれにしても絶対に失敗の許されない工事なので、細心の注意が必要であった。
成功してほっとしている。

b0159611_23335844.gif


b0159611_23344951.gif


b0159611_23354169.gif

by hokutomente | 2010-11-01 23:16 | 機器管理・ボイラー修理