<   2008年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

光触媒の効果

久美浜M民宿 今日は配管洗浄との事で、社員が、朝から作業を行っていた。午後顔をだすと、
作業も終る頃でした。男女とも3トン余りの風呂ですが、一人で完全に作業をこなせるように
なり、その成長ぶりに喜んでいます。

その社員が「光触媒のせいで、今までは高圧洗浄でもなかなか落ちにくかった汚れが簡単に
落ちました。」と・・・
実は数ヶ月前この民宿のご主人にお願いして、光触媒酸化チタンを、浴室、浴槽、脱衣室の一部に塗布させていただいた。その後の状態はどうかと思い確認のため、顔を出させてもらったのです。自分でも点検させてもらうと、いつもとは違うカラッとした感じで、実に清々しく気持ちのよい浴室になっていました。

すぐ結果が出るわけではないですが、数ヶ月たって確認してみると、はっきりした結果が出ているのに、ビックリしています。
もっともっと多くの方々に、このよさを知ってもらいたいと思っています。

by hokutomente | 2008-08-28 22:37 | 光触媒  

おもわぬ落とし穴

久美浜のT民宿さん、3年ほどまえ上水道に切り替えたが、それ以前は井水、海に面している為、石灰分が、きわめて多く含まれ薬缶の中も真っ白、とにかく熱を加えると、すべてにスケール(石灰分)が着くという、手に負えない状態でした。

ご他聞にもれず、ろか器、配管の中、昇温ボイラー、浴槽の中、全てスケールの結晶がこびり付いてしまう状態でした。

毎年、スケール除去剤にて、半日ほど循環洗浄してましたが、ろか器内のろ材(麦飯石)だけは、完全に固形化し、岩石のようになっており、半日くらいの循環洗浄では、びくともしません。

何とかしなければと、前から考えていたが、今日、ろか器の吹出し管と、吸込み管に、バイパス管を取り付け、ろか器内だけを循環するようにして、スケール除去剤を、封入し、発泡がすごいため手動でエアーを抜きつつ3時間ほど循環させました。

順調に動いていましたが、念のため停止して、中を確認すると、ろ材上部はスケールが溶け5,6センチくらい麦飯石の層に変わっていました。

バールで突いて見ると、部分的に30センチほど、バールが刺さっていくところがあります。
かなり改善の感触を得ました。

その後、事務所に用事が出来たため、薬剤を補充し、自動エアー抜きを取り付け、運転をさせたまま事務所にもどりました。

夕方、現場に戻ってみると大変な事になっていました。
どうしたことか、ろか器の中で循環してるはずの、除去溶液が、全く空になっておりポンプだけが、空回り、流れ出た溶液が、ろか器まわりにたまっていました。

照明を近ずけて点検するも、何処にも異状なところはみつかりません。
ポンプのシールが切れたとしか思われないので、水を張って、再運転した

ところ、案の定ポンプの軸受け付近から水が吹き出てきました。
一月前に、ポンプ交換したばかりでしたから、こんな事があるなんて考えてもいませんでした。

すぐ、メカニカルシールを手配したが、修理は、明後日になりそうです。
順調に行きそうな時にかぎって、落とし穴が、あるものです。

b0159611_16551562.gif
b0159611_16552733.gif
b0159611_16553825.gif

by hokutomente | 2008-08-27 01:12 | 配管洗浄  

お年寄りには・・・・・

朝、大江町のHさんより電話あり、Hさんは、今年春先に御主人を亡くされ
、今は一人住まいである。
もう80歳近くなっていると思われるが、しっかりと風呂のバランス釜の灯油漏れを伝えてくれた。
早速かけ付け修理、「すぐ来てくれて・・・」、大そう喜んでおられたが、特にお年寄りは、
自分で出来ないだけに、不安も大きいと思う。一刻でも早く不安を解消してあげることも我々の
大事な役目だと思っています。

by hokutomente | 2008-08-24 17:04 | 機器管理・ボイラー修理  

14年目のボイラー

夕日が浦Y旅館のボイラーは、この前燃焼時の油圧調整をしたが、依然不完全燃焼ぎみ、
本日、京都よりサービスマン2名きてくれる。
S鉄工製40万キロのボイラー1基では、トラブルがおきた時、代替のボイラーが無い為施主さ
にとっても、随分頭の痛いもんだいです。
今後の課題として、周囲の方々の知恵もお借りしながら、対処方法を考えて行かねばと思って
います。
幸いに、燃焼室と、煙道のススを清掃除去で、正常に戻り、一安心でした。

余談 煙突は、建物の柱の中を6階の屋上までまっすぐあがっている。底の点検口のカバーを
あけたところ、鳥の骨と羽が、推定3,4羽分見つかった。煙突の径は、40センチだが、巣でも
作ろうと思って落ち込んだのか? かわいそうと思いつつ取り除きました。

by hokutomente | 2008-08-20 22:38 | 機器管理・ボイラー修理  

住吉大社の池

本日久しぶりに、フジノスパイラル 藤野社長にお会いした。界外工業さんと3人で、梅田阪急ホテル喫茶室で、3時間半ほど、種々懇談非常に有意義な時間でした。
藤野社長さんの談によれば、現在、住吉大社の池の水質浄化に取り組んでいるとのこと。

1000リットルのスパイラルとポンプを組み合わせた装置を2セット作り池に浮かべ作動させて
おるとの事、その写真も拝見  スパイラルを通過した池水をそのまま池にもどすという装置です。
b0159611_12545119.gif

b0159611_1255894.gif


インターネットで、住吉大社の池をみても水面はグリーンで、透明度は、全く無しとみうけられま
す。 ところが実験開始、数日を経ずして、いままで水中で泳いでいる、亀や鯉は見ることが出来なかったそうですが、透明に近い水中に、泳いでいる亀や,鯉を見ることが出来るようになったとのこと。(この写真も拝見しました。)

いままで多くの方々が浄化に取り組んでみたそうですが、広大な池だけに、ことごとく失敗に
終ったとの事で、今回も同じだろうと、関係者の方々には思われていたようです。が、この状態
を見て、認識を改め、大いに喜んでくださったそうです。

自分も、このスパイラルの浄化能力には、理屈以上の不思議さを感じています。
b0159611_12552659.gif

by hokutomente | 2008-08-19 23:45 | フジノスパイラル  

廣野宅ボイラー取付工事

今日は、ご近所の廣野宅にて、ボイラー(長府工産CBS-N410F)の取付工事を
行った。

この頃のボイラーは,コンパクトで、しかもハイパワーになっている。
昔のように、面倒な配管も必要なく、工事もかんたんである。
3時間あまりで取付工事は、完了した。

by hokutomente | 2008-08-14 23:30 | 機器管理・ボイラー修理  

光触媒(可視光タイプ)のすごさ

網野町夕日が浦旅館 ボイラー修理、京都よりサービスマンが来てくれるも大幅な遅れ、いつもは3時間以内で来れるのに5時間以上かかったとか、盆休み中は仕方がないことです。
b0159611_21312186.jpg


時間があるので内風呂のオーバーフロータンクを点検。
1年前に、150φ×130vuパイプに可視光タイプ光触媒を塗布し中にしずめている。レジオネラ菌対策のためタンク内に浮遊するオラオラ(剥離生物膜)を少しでも少なくなればという思いだった。

月1回くらいのわりで点検しているが、結果は上々で以前のようにオラオラが浮んでいるということは回を追うごとに少なくなっていたが、今日は、海水浴のお客で満員にもかかわらずまったくそれが見られなかった。分解されない砂(無機物)が少しそこにある程度。
普通では考えられない状況である。

可視光タイプは、試験的に酸化チタン研究所で作ったものであるが、当旅館で実験を続けてきたものです。将来的に明るい兆しが見えてきた気がします。
b0159611_21313729.jpg
b0159611_21315131.jpg

by hokutomente | 2008-08-14 21:18 | 水質管理  

この透明度は、なんだろう

数ヶ月前、宮津市U民宿ろ過器より、既存の麦飯石ろ材40kgを抜き取り、光触媒スパイラル
30リットルと入れ替え実験をスタートさせた。

その後、定期的に観察しているが、その度に、きわだった透明度にびっくりしています。また、ろ材の凄さに感心しています。   もちろんフジノスパイラルという素晴らしいろ材があってのことですが、光触媒という付加価値を添加することで、何倍ものろ過性能を発揮するような気がします。

まだまだ、解決しなければならない事も多いですが、今年いっぱいは、この実験をつづけて
いこうと思っています。

by hokutomente | 2008-08-11 23:00 | 水質管理  

笑えないはなし

城崎 Rリゾートホテルより電話あり、浴水にシャンプー液が混入とのこと、とりあえず、ろか器の運転をとめて浴水の張替えをたのみ現場にむかう。

到着後いきさつを聞くと、子供のいたずらでシャンプー容器5,6本が空になっており、浴槽も浴室も泡だらけとの事、お客の入る時間にトラブル、困ってしまって・・・とのこと

ろか器洗浄後1時間ほどオーバフローさせ、入浴可能。

おかしくても、笑えないはなしでした。
b0159611_22113375.jpg
b0159611_22114463.jpg

by hokutomente | 2008-08-10 22:21 | 水質管理  

現場に駆けつけたら

久美浜k旅館より電話あり、浴水の温度が異常に熱くなりすぎているとの事。
現場に駆けつけると50℃以上になっている感じ、原因を調べると、

①補給水の温度調整がくるっていた。
②浴槽の排水栓に砂粒がかんで、常に浴水が流れ出ている、よって熱い補給水が
 常に注がれている状態。

排水栓をセットしなおし、補給水の温度調整を行い1件落着。

活動している設備、装置等は、《いつ何がおきてもおかしくない》の1例です。

by hokutomente | 2008-08-10 12:12 | 機器管理・ボイラー修理