PCカルバート製大型合併浄化槽・・・・

松井物産瑞松苑大型合併浄化槽の原水槽のポンプ用フロートスイッチ2個を交換する。
FRP製の浄化槽とは違い、PCカルバート製なので、メンテナンススペースが充分にあり、
修理等も非常に行いやすい。
FRP製浄化槽は、狭いスペースに、全ての機能を詰め込んでいるので、一見便利そうで
あるが、年月がたち、修理を行う段になると、途端その狭さ、窮屈さに困ってしまう。
一方、PC製は修理を行うにも、メンテナンススペースを確保出来ているので、非常に
楽である。工場認定と云う事で、今は、FRPが主流になっているが、永い年月を稼働させる
事を考えたら、絶対的にPC製が優位である。建設業界にも、その時良ければよいと云う、
考えを捨てて欲しいものである。

b0159611_1232370.jpg


b0159611_12354100.gif


b0159611_1242041.jpg

by hokutomente | 2011-06-01 22:32 | 機器管理・ボイラー修理  

<< 今度は、給水管の漏水・・・・ 瑞松苑合併浄化槽満水警報・・・・ >>